2016年7月アーカイブ

結婚式招待状のための封筒2



2016conteaup4.jpg

結婚式招待状用の封筒1のつづきです
カーサブルーでは日本ではあまり好まれないかも???グレー系もご用意しております。
最近、よくご希望をいただくようになってきました!
グレーはとてもシックで、本状とうまくあわせれば
とても上品な印象になります。
ゴールドインキで加工してもいいですし
二重封筒に工夫をくわえてもおもしろいですよね
その二重封筒ですが
封筒の中の本状等が透けてみえないように入れるわけですが
そんな意味よりも、やはりデザイン的な要素が大きいです
本状をシンプルなデザインにして、封筒の内側に
素敵な色合いの物を貼り合わせれば、それで十分すぎるほどのアイテムが完成します
カーサブルーでは
オプションの扱いとなりますが
ぜひおすすめしたいところです。
画像はいろいろな色の中の1色で「オリーブ」という紙です
封筒の色と内色紙の色の組み合わせで
お二人だけの封筒をつくってみてください


結婚式招待状のための封筒 1

insta17.jpgのサムネール画像


















































結婚式招待状用の封筒は、もちろん本状に合わせて色も選びたいです
日本では白が好まれます。昔から白はとても高貴でピュアな色とされてきたので
当然といえば当然です。
カーサブルーでは白といっても
純白ばかりではなく、少しアンティークグレーというような色、少しグレーがかった色や
クラフト系の色、オフホワイト系、濃いクラフト系、グレー系、
少〜〜し赤味が強いグレーなどなど
9種類ほどご用意してます。
本状の雰囲気にあわせて封筒は選びたいですよね
添付の画像にみえる封筒は
少しグレーのはいったクラフト系のホワイト封筒「クラフトブラン」です
風合いはざっくり。豊かな表情のある封筒です。

活版印刷と亀さんと招待状

こんばんは
今日は暑かった。明日も暑いらしい
機械大丈夫か??

うちには昔から亀がいます。
リクガメです。
こいつは昔に天国へいった子です
今でも
大きな子とひらべったい子
あわせて3匹います
あたたかくなると庭で放し飼いです
kame.jpg



























ぼくは愛嬌があってかわいいと思うけど
人によってはキモイという人もいます(汗
で、今いる大きな子が庭の壁を越えて脱走しました。
結構賢くて、弱そうな壁をみつけると
何度もチャレンジして乗り越えます
探したけど見つからず、、、
翌日も見つからず、、、、
川に落ちたのでは??とか
車にひかれたのでは??とか
普通の亀は水亀だから川へ逃げれば天国なんだけど
こいつは陸亀なので、川に落ちたら死んでしまう
招待状を印刷しなければいけないのに
心配で心配で、、、頭から離れません
そんなある日
となりのばあちゃんが
庭にかめさん遊びに来とるよ。。と
たとえ亀でも、戻ってくるとうれしいくてうれしくて
おかげで
招待状の印刷がめちゃくちゃはかどりました(笑
それだけです

insta1.jpg



オプション

500.jpg暑すぎます。石川県小松市は34度を超え、どうなるやら。
昨晩
東京のご成約いただいている新婦さまより
追加でオプションを依頼されました
別納マーク、二重封筒、タグもつけて、、、その他。。。
で、おいくらに??と聞かれ、少し躊躇しました。
どんどん高くなる〜〜。いいのかな〜〜と不安に。。。
もちろん仕事なので、ありがたいんですが
元来、わたしじしんの性格が、少しでも安くつけたいというところがあるので
人様のお財布が、わたしの財布と重ねてしまって
ドキドキしてきます。ひょっとしたら新婦さまは
このブログをみて豪快に笑われているかもしれませんが
わたしは少し心配になるんです。
このオプションていうのは以前から気になってて
つければつけるほど別途と料金がかかるわけです
最初からセットにすると
必要ないです!と言われますし
かといって、それなりに手がかかるわけなので
どうしてもしっかり別途いただかないと
わたしがしんどくてへたってしまうし。。
気にしたらダメよ
新婦さまにちゃんと説明して、納得していただいて
作業にはいるわけだから。。とは言われますが、いかんせん、性格が邪魔します(汗

お客様にはご負担が大変かと思いますが
どうかよろしくお願いいたします。わたしが気にしすぎるのかな〜〜、う〜〜ん悩む


怪我も結構癒えてきました

insta2.jpg

















































6月初旬に左足を骨折。仕事中に、、とか、
事故で、、とかなら
少しは理由にもなるけど
町内の運動会で頑張りすぎて、、、というのは
ちょっと恥ずかしい。
しかも、競技が大縄跳びって、余計に恥ずかしい(笑
おかげで町内でも少し有名になったかもしれない。
それはそれとして
一番困った事は、お客様にご迷惑をかけてしまうこと。
通常のお取り引き様は、長年のおつきあいがあるので
「ちょっと納期がずれます。どうかお許しを」とお願いして
なんとかなったけど
WEBを通しての依頼の仕事は、なかなかそうもいかず。
ところが、とってもありがたいことに
そんな新郎新婦さまも
みんな優しくて、気持ちよく納期に対してご配慮いただけた。
あれから二ヶ月。。
ギブスはもうとっくにとれてるので
今はリハビリをしながらの毎日。
まだ完全にホネもくっついてないので
少し気をつかいつつ、ちゃんと歩くようにしてます。
結構、ちゃんと歩ける感じです。
よかった。。。

東京都のH様、レタープレスからアンティーク箔押しまで


insta15.jpg

















































東京都のH様

ハンドメイドのコットン紙に淡いグレーで活版印刷レタープレス。

そのあと、アンティーク箔でホイルスタンプ加工。

まわりが耳付きの手作り紙なので

見当がとても難しいです。でもきれいに仕上がりました


レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷