席札について その2

先日、席札について長々ととりとめもなく書きましたが

性懲りもなく、ブツブツと書き留めます。

昔は、招待状と席次表と席札のデザインは統一してという意識が強かったんです。

席札もがんばって席次表のデザインとあわせて制作していました。新郎新婦さまからも好評でしたので

それで良いのですが、

たまたま、取引先の結婚式場さんへ納品に行き、ちょうど別件でうちのアイテムをセッテイングしているところでした。

当然、うれしいので、少し覗かせていただきました。

と、ところが、なんとなくテーブルの上の彩りと合ってない感じがしました。

もちろん新郎新婦さまがお選びになったわけですし、その式場のプランナーさんもきっと相談にのってるはずだから

これは好みの問題だよな〜〜と、その時は自分を納得させました。

それからは、それがいつも頭の片隅にあって、ある時、違うメーカーさんのアイテムを拝見させていただきました。

結構そのメーカーさんのものは席札まできれいにデザインを揃えてあるんです。

で、よく見ると、やはり違和感があるんです。デザイン自体は有名メーカーさんのものだけあって

うちのものとは比べ物にならないくらいキラキラして素敵です!!でも違和感が。。。

そこでなんとなく思ったのですが、メインのアイテムと席札が同じデザインでしかもインパクトが強いものなので

テーブルの上が逆にゴチャついてるようにみえるんですね。このインパクトのあるデザインなら

そのお席にひとつでいいんじゃないのかな??その方がメインのアイテムが映えるし

すっきり見えるのでは??と思いました。

カーサブルーはウエディングアイテム以外でも一般の企業さまのパンフレットやDMなども企画制作しております。

考えてみればわかるんですが、大事なテーマやキャッチコピーは目につくところにワンフレーズオンリーです。

でないと、見る人はどこに目を向ければいいのかわかりません。

強いインパクトのあるデザインのアイテムはひとつで十分な気がします。

誤解のないように補足しますが、これはテーブルの上にメインのアイテムがある場合です。

席次表を受付でお渡しになる場合はまた少し違いますが、それでも

カーサブルーでは席札をシンプルなものにしております。


レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷