素敵な結婚式招待状とわかりやすさとの間

カーサブルー田中です

返信はがきの出欠を返信いただく「出席」「欠席」ってありますよね?その他「お名前」「ご住所」など。

これを英語にしたらダメかい?と、先日、知り合いのレストランからきかれて、即座にやめようとなりました(笑

理由は「高齢の方がわからないから」

でも、こういうことって多かれ少なかれありますよね。たまに考え込んでしまうときもあります。

うちは当然、「素敵な結婚式招待状」「おしゃれなペーパーアイテム」「かわいい結婚式席次表」という表現が

あてはまるかわからないけど、それを目指してデザインしたり印刷したりしてます。

それが行き過ぎて変な方向へ行くと、わかりにくい招待状ができてしまいます。

いつも理想とわかりにくいという現実の間で綱引きです。

ゲストの方がわかりやすいものが一番良いわけで、どんなに素敵でもわかりにくいものは、とも思ったり

でも、若い人がほとんどの披露宴ならたぶん全然問題ないし、、と

時代も変われば意識も変わっていきます。

心の奥底にゲストの方への「気遣い」の意識があれば大丈夫かな。

おっ、急に思い出しましたが

ハガキの欄に「メッセージ欄」を入れてというご要望が減りました。いや、ほとんど無くなりました。

うちは昔からこの「メッセージ欄」は設けてません。

これね、以前にも書いた気がするけど、

昔、知り合いから結婚式の招待状が来たんです。返信はがきにメッセージ欄があって

うちの奥さんが「何書こう??」と悩みだし

ぼくが「書かなくてもいいんじゃないの??」と

奥さん「でも、なんか書いてやらないと。でも失礼なことも書けんし。。書くこともないし。。」

まぁ、確かに、そんなに深く知った人でもないので、書くとなっても何書けばいいのか?

逆に考えれば、この「メッセージ欄」って、ゲストの方にそんなに気をつかわせているのか!!と

確かに新郎新婦さま側から言えば、なにか親切な気がします。何かメッセージがある人は、

その欄があると、書きやすいですから。でも受け取る側からみると、とても気をつかってしまいます。

本当にメッセージを書きたい人は、その欄があろうがなかろうが、はがきの隅に「楽しみにしてるよ!!」と

書いている気もします(もちろん食事に関する欄は必要なので入れてます。)


少し脱線しましたが、招待状などのアイテム以外の一般的なチラシなどの制作でも

このデザインとわかりやすさについては、いつもむずかしい課題です。






レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷