少部数の結婚式招待状など


insta194.jpg




















































手漉きピュアホワイトでカバーを制作しました。
リボンはマットシルバーです

少人数結婚式でとりあえず乗り切って、今秋から今冬にかけてご友人などを

現在、新型コロナウィルスが蔓延してます。

本当に辛い思いをされている新郎新婦さまが多いです

うちに申し込みをくださっている皆さまももちろんすごい影響を受けてます

挙式を少人数に変更、延期、取りやめの方は少ないですが、それでも数件あります。

なかなか挙式場はキャンセル料が発生するので、取りやめということもできず

本当にお辛いことと、心中お察しいたします!!

式場さまもなんとかして差し上げられないのか?と思ってしまいますが

式場さまもたくさんのスタッフを抱えて大変です

言うは易しですね。

今は早い終息を祈るばかりです。

ところで、ここ最近ポツポツとお申し込みがあるのは少人数の挙式のための招待状です

コロナの影響から今秋今冬に延期の方もいらっしゃいますが

それでも、とりあえず、近しい方だけで挙式をあげたいというわけです。

近しい方だけでの挙式とはいえ

親しきなかにも礼儀ありということで

招待状をお申し込み下さるというわけです。

ただ、部数が少ないとはいえ

活版印刷をしたり、箔押しをしたり。。

どうしても単価は高くなってしまいますよね。

でも、それだと皆さん困ってしまいますよね。僕なら申し込みません。

いくら親しきなかにも礼儀ありとはいえ8部とか10部の制作でそれほど予算をかけるわけにはいきません。

ですので、少部数専用の金額を設定しております。

そして、将来(例えば今秋今冬)お友達や会社の上司、同僚、ご親戚の方などをお呼びして

皆さまにご報告をする披露宴などを開催するための招待状もセットでお申し込みぼ場合は

さらにお得に制作できる。。。そんなプランをご用意しております

詳しくはお問い合わせくださいね



手漉きコットン紙の厚さについて。。。


insta200.jpg




















































画像は手漉きコットン紙ピュアホワイトシングルサイズ(157/108)です



手漉きコットン紙の厚さ

カーサブルー田中です

先日は手漉きコットン紙について大まかにお話ししましたが

今日はその続きです。

うちのハンドメイドペーパーは、招待状や席次などのカバーに使用するので

ある程度の厚みが必要です。

活版印刷や箔押し加工をするので、厚みがあると凹んだ風合を表現できるので

厚さは大事です。ムラがあると印刷加工がとてもやりにくくなります

少し専門的なことですが

活版印刷は、ハンコと同じ要領で紙に版というものにインキをつけて

ぎゅっと圧力をかけて印刷します

ハンコにインキをつけて紙にポンポンと押していく感じです

ハンコは手で押すので紙が厚くても薄くても関係ありませんが、

活版印刷は機械なので一定の決まった強さででしか圧力をかけられません。

なので、紙が厚いと強く押して印刷することとなり

逆に紙が薄いと弱い力となって、紙にインキがうっすらと付着するだけになってしまいます

ハンコは強く押すと、濃い感じでべたっとインキがつく感じですが

弱く押すと、インキが付いているところとついていないところができてしまいますよね

この原理と同じです。

こんなばらつきをなるべく無くしたいために、紙の厚さを一定にする必要があります

これが難しいんです!!

紙漉きは、紙の原材料が入った水桶から木枠を使って、紙を漉いていきます。

紙は一枚一枚漉いていくわけではなく

何丁も並べて漉いていきます。たい焼きって、それを焼く鉄板には一度にたくさん作れるように

何個も型が並んでますよね?これと同じです。

大きな木枠で何枚も紙を作れるように枠を組んであります

木枠を水桶に沈めて紙の元をすくうとき、バランスが悪かったりすると

厚さにばらつきがでます。

そんなときは、何度もやり直しです。

こんな感じで漉いていきます。




















招待状などを手漉きコットン紙で。あたたかい手触り。

insta203.jpg




















































insta193.jpg





















































上の画像は手漉きコットン紙ピュアホワイトの157/216サイズ二つ折りです
下の画像は手漉きコットン紙グレーの98/210縦長ロングシングルサイズです



手漉きコットン紙、サイズいろいろご用意!

サイズは4種類ご用意してます。

招待状用サイズは157/216mmです。これを二つ折りにします。

日本では定形郵便として送れるサイズは決まってます。

それ以上のサイズでも送れますが、郵便代金がど〜んとアップします

なので、通常は定形サイズの封筒で送ります

封筒のサイズは洋一封筒となります

たまに海外から手作りの紙を取り寄せる方もおいでますが

サイズが合いません。洋一封筒に入らないか、小さすぎてしまいます。

カーサブルーの手漉き紙は、洋一封筒に少しだけ余裕のあるちょうど良いバランスのサイズです

この157/216サイズですが

招待状ではなく席次やプロフィールブック用に使用される方もいらっしゃいます。お好きなようにご利用ください。

他には、その半分の大きさのサイズもご用意しております。157/108サイズ(シングルサイズ)です。

2つ折りの157/216サイズよりも少ない予算で手軽に手漉きを楽しみたい方に、オススメのサイズです。

席次やプロフィールブックに適したものは98/210サイズです。

これは二つ折りではなく一枚ものの縦長ロングシングルサイズです

席次やプロフィールは別の用紙を用意し、それをこの手漉き紙に合紙します。

画像は手漉きグレーコットン紙ですが、このような縦長ロングとなります

4つ目は100/60サイズのカードです

これは基本的にはネームカードとして利用できます



手漉きコットン紙の風合い

表面の風合いは、少し粗いラフ感を残して作ってます

当初は布の風合いが強く出ていましたが

合うデザインと合わないデザインがあり

どうしても納得がいかず模索してましたが

現在は無地で少し粗い仕上がりにしてます。

これ、本当に難しく

あまりラフ感がなく、スベッとした感じだと味気ない感じになり

逆にラフ感が強すぎると、デザインが壊れてしまいます。

現在のものがちょうど良いです。

ただ、どうしてもそれぞれの紙にばらつき感が出ます

ファブリックを挟んで作っていきますが

新しいファブリックだと、ほとんどわかりませんが

少しラフ感が強くなりますし

古くなってくると、ラフ感が弱くなります



耳(デッケルエッジ)が大きい

手漉きの一番の特徴は何と言っても縁の耳です。

たい焼きでも縁に耳がつきますが

これと全く同じ理屈です。

カーサブルーでは耳は出来るだけ自然のままで制作してます

木枠の精度を緻密にすればするほど、耳はできません

縁が綺麗にストレートになります

ただ、そうすればするほど、味気ないものになっていく気がします。

なので、少し雑な感じになっても、それを良しとして作ってます



とにかくナチュラルで素朴なものを

変に凝ったりせず

とにかくナチュラルで素朴なものになるよう心がけてます

赤ちゃんの手触りがベスト!!

もっともっと皆さんにご利用いただけると嬉しいです



























工房リニュアル延期だけど、特典はそのままで。

insta199.jpg




















































画像はグレーペーパー手漉きコットン紙です。



工房リニュアル延期だけど、招待状、席次表など10%OFF特典はそのままで。

カーサブルー田中です。

本当に参りました。新型コロナの影響で資材などが不足し、

4月に工房移転リニュアルの予定でしたが、延期となりました。ガク〜〜〜〜っ!

これからの予定は未定みたいな感じです。腹たつな〜〜(笑

仕方ないです。

ただ、ご招待状や席次表などご依頼組数のキャパを拡大するため

10%OFFでご提供というサービスは

そのまま継続となります。

現在、この特典をご利用の皆様も多いし、

それを含めてご予算を立てて下さってる新郎新婦様もおいでなので

そのまま10%OFFとなります。どうぞよろしくお願い致します




少人数結婚式でのあったか婚をサポートします

insta202.jpg





















































画像は東京都Iさまの招待状です。手漉きピュアホワイトでカバーを制作しました。
リボンはインポートのシルクリボン。
素敵なバランスです!Iさまのチョイスに脱帽です

今朝、朝ドラのスカーレットを観た。
そんなに熱心に観ていたわけではないけど、主人公の息子(白血病)が書き記した言葉が心に響いた。
正確な文章は記憶にないけど
日常のなにげない一日が特別な一日ということだった。
彼にとって、普通の一日こそ、かけがえのないものなんだろうね。
とても大事なことだな〜と、あらためて思った。
こんな時だからこそ余計に心にグッときた

本題からずれてしまったけど
今はコロナの影響で挙式を執り行うことも、憚られてしまう状況です。
だとしても、挙式は行いたい!という気持ちは自然なことです。
親族だけでの挙式とお食事会
親族と本当に親しい友人だけでの挙式とお食事会
というお二人も最近いらっしゃいます。
その他の皆様は
コロナが終息してから
あらためておよびして
披露宴を開催するという場合もあるようです。

小さな結婚式
小さなお食事会
小さな披露宴

現在、コロナの影響でそのようなご依頼もございますが
実は数年前から少人数対応の少部数のご依頼は増えておりました
例えば、6部や10部、15部などです
最初、招待状のご依頼を頂いた時は
とても嬉しい反面
実はこんなことを思ってしまいました(正直に言うと)
「え?もったいないのでは?」とか
「簡単に済ませたほうが経済的では?」とか
で、そんなお二人とメールでやり取りをしていて
よくわかりました。そんなことを思った自分が恥ずかしい。。。。
本当に恥ずかしい!!!当時のお二人に謝ります((^_^;)

お二人の思いはそんなもんではなかったのです
近親者だからこそ!!!だったのです。
親しい知人だからこそ!!!だったのです。

やり取りをしていて
すごいこだわりを感じたし
本当にご両親への感謝を感じました

現在、少部数対応のこだわりの経済的なセットプランを計画中です
近日中に公開いたしますので
もし、少人数婚をご計画中でしたら
ぜひご検討ください


いっぱい、いっぱいの状況になってきた。


insta162-2.jpg



















































カーサブルー田中です

画像は手漉きコットン紙シマメナチュラルに活版印刷した招待状です

うっすらとシマメが見えると思います

コットン紙を手漉きで作っていくとき、うちでは、布に一枚一枚挟んでいきます

本場ヨーロッパでも同じです。紙、布、紙、布と重なっていきます。

この布をどんな布目にするかで、紙の印象が変わってきます

これは、シマメがはっきりしているファブリックを挟んでいます。

なので、このような柄が紙につきます。面白いですよね。



ところで、そろそろご依頼いただいている新郎新婦さまのアイテムがいっぱいいっぱいになってきました。

ちょっとしんどくなってきた。。。。

うちは夫婦二人で運営してます。もう長年そうです。

WEBでの受付のほか、一般式場さまやプランナー会社さま、それ以外では雑貨屋さんやドレス関連会社さんなど

それが重なってくると、もうアウトです。今は、ギリギリのところ。。。

夫婦二人って辛いな〜と、こんな時思います。でっかい会社さんならなんてことはないけど

うちはそうはいきません。もうパニック状態になります。

以前、一度朝方までかかって、なんとか仕上げて間に合わせたこともあったけど、

これも二人だけで運営しているので仕方がない。

以前、ちょっとしたことを外注さんにお願いしたことがありましたが

これが悲惨なことになりました。もう泣きそうになったな〜。

結局やり直してお納めしましたが、

それなら、時間がかかってしんどくても自分でやったほうがすっきりします。


今日は、祝日ということですが

うちは、祝日も日曜もあまり関係ありません。なんとかなりませんか!とおっしゃてご依頼くださる方も

いらっしゃって、それはとっても嬉しいことなので、私と奥さんと気合を入れ直して頑張ってしまいます。

ちょっと脱線しますが

こんな時って、奥さん(女性)って強いですよね〜〜(怖

「ほらほら!!やるんだよ!!!!」みたいなオーラを出して背中を押してきます。

で、「はい!頑張ります!」って、ぽろっと言ってしまいます。

今日はしんどくなってきた愚痴でした。明日から月末まで叱られながら馬車馬のように働きます





返信はがきについて


insta158.jpg


















































カーサブルー田中です

昨日、新婦さまからメールで返信はがきについてご連絡をいただきました。

うちは、返信はがきには「メッセージ欄」を設けていないのですが

そのことについて、同じ意見をお持ちのようでした。

ご自身がゲストとしてご招待された時に、メッセージ欄に何を書けばいいのか戸惑っていたとのことでした。

本当にそうだな〜と思います。

結婚式招待状は、新郎新婦さまがゲストの皆さまをお招きするためのものです。

こちらから積極的にお客様にお手数をかけることは避けたいところだと思います

返信はがきのメッセージ欄は、欠席の時に使うことが多いのかもしれません。

「こんな理由があるんです。だから行けません。」のような。

どちらにしても、メッセージ欄は

出席の場合は、私たちに何かメッセージをください!と言っているようなものですし

欠席の場合でも、私たちに何かメッセージをください!または欠席の理由を書いてください!

と、言っているようなイメージになりますよね。

なので、出席する方にとったら、このメッセージ欄は悩みの種。

何を書けばいいのか!当然、祝福の言葉しか書けません。妥当なところだと、楽しみにしてます!のような言葉。

でも、気遣いの多い方だと、短い文章はどうだろうか?もっといっぱい書いた方がいいかな、とか、

この文章は失礼に当たらないかな〜〜とか。

気の利いた言葉を書くと喜んでくれるかな〜とか。

親戚の方ぐらいになると、ご主人が、奥さんに「お前何か書いてあげろや」「そうやね〜何がいいかな〜」

「おめでとう!って、これしか思いつかんけど」「お前、もっと気の利いた文章思いつかんのか!」

「なら、あんた書けば!」「アホか、俺はそういうの苦手なんよ」「ほんならあ〜だこ〜だ言わんといてや!!」怒!!

みたいに、ややこしいことになるかもしれない(笑

これ、親友であっても、書きづらいと思います。その方の性格にもよると思うけど。

大切な友人だからこそ、言葉選びに戸惑うということってありますよね。

何にせよ、あまりゲストの方に気を使わせるのは避けたいですよね。

本当にメッセージが書きたいなら、メッセージ欄が無くても書くと思います。

欠席の場合は確かに、メッセージ欄はあると便利かもしれないですね。欠席の理由がきちんと書けるから。

でも、、これもメッセージ欄が無くても、書きたい方は書くと思います



どちらにせよ

招待する側が、ゲストの方に、メッセージを求めるのはどうかな〜〜??と思います。




もう少しお待ちください

insta154.jpg
カーサブルー田中です

早く招待状のサンプルを制作しないと。。。。

早く新しい招待状を掲載しないと。。。

と焦る毎日。。。

制作中の新郎新婦さまのアイテムもあるので、なかなかすんなりといきません。

それでも、今日は結構進みました。あ〜よかった。

サンプルをご依頼くださっているみなさま、もう少しだけお待ちください

本当に申し訳ございません!

最近、よく手漉きコットン紙のことばかりインスタに掲載したり

ブログで書いたりしてますが、

もちろんですが、通常のインポートコットン紙や

UKの輸入紙でシマメのある上品な用紙も人気です。

というか、インポートコットン紙やUKのシマメなどの方が当然多いです。

コストパフォーマンスも良いので

ぜひご利用ください。

UKのシマメはイングランドの伝統的な紙です。カーサブルーが

愛してやまない紙の一つです。これなんとなく良い香りがします。僕だけ感じるのかな?

うっすらとしたシマメが特徴です。上品な最高級紙です。

用紙は、その品質の要です。

デザインがどんなに良くても

用紙が、良くないとアウトです

逆のことも言えますが

用紙が良いと

デザインをそんなにしなくても、

ごちゃごちゃと色をつけて頑張ってデザインした!というものでなくても

それだけで十分に存在感がありますよね。

用紙は大事です。






新しいデザインを制作中

insta153.jpg
カーサブルー田中です

先日、リニュアルしたばかりですが、まだアップしてないものや

新しい情報も盛り込んでなかったりしていて、とにかくは心残りのことが多かったのです。

デザインも3〜4種類ほどまだアップしてません

招待状をご検討の皆様には、大変申し訳ございませんが

もし、もう少しお待ち頂けましたら新しいものを追加させていただきますので

しばらくお待ち下さい

また、サンプル請求の種類もこれまでは、制作している時間がなく、種類を制限しておりましたが

こちらも現在、制作中です。

さらに、手漉きコットン紙が無くなってしまい、こちらも急ぎ漉いてます。

現在結婚式招待状のサンプル請求をいただいているみなさまには

もう少しお待ち下さい。

随時、デザイン追加、サンプル種類追加、手漉きコットン紙での印刷サンプル追加などなど

ホームページにてアップしていきます。どうぞよろしくお願いいたします




手漉きコットン紙

insta151.jpg
カーサブルー田中です

先日、あまりないことですが、ブライダル関連会社さんより、手漉きコットン紙の

ご注文を受けました。

この手漉きコットン紙は、カーサブルーで木枠から作り、一枚一枚漉いて作ってますが

もちろん、僕のところのアイテム制作のために作っております。

通常の紙ではどうしても満足できないからです。いろんなところでお知らせしてますが

和紙では紙の雰囲気が違うので、結局、自分で作ってます。

この紙、オフセット印刷では使えませんし、レーザーでも無理です。

とすると、うちの印刷方式の活版印刷または箔押しホイルスタンプとなります。

インクジェットも厳しいかな?

で、そんな紙ですから、一般の印刷屋さんでは扱えないわけなので

その他の会社さんだと、もっと使用するのが厳しいかなと思いますが、

だから不思議です。どのように使うんだろうか?聞けばよかったな〜。

ひょっとしてカリグラフィーで使用するのかな?

使ってもらえるだけで嬉しいのでどちらでもいいんですが。

兎にも角にもありがたいことです。










レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷 レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷レタープレス活版印刷